ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 水産・環境科学総合研究科(環境地下水学研究室)の天野弘基君が,第26回地球環境シンポジウムにおいて平成30年度地球環境優秀講演賞を受賞

ここから本文です。

水産・環境科学総合研究科(環境地下水学研究室)の天野弘基君が,第26回地球環境シンポジウムにおいて平成30年度地球環境優秀講演賞を受賞

2019年01月09日

水産・環境科学総合研究科 博士後期課程 環境海洋資源学専攻3年(環境地下水学研究室)の天野弘基君は,平成30年9月5日から7日に長崎大学において開催された第26回地球環境シンポジウムでポスター発表を行い,平成30年度地球環境優秀講演賞を受賞しました。受賞対象となった研究発表は,「長崎県島原市における窒素負荷指数による地下水汚染リスクの評価」と題するものです。本研究は,硝酸性窒素による地下水汚染が深刻である島原市を対象として,集落ごとに施肥および家畜生産窒素負荷指数を算出し,地下水汚染リスクを評価したものです。この研究発表は,水産・環境科学総合研究科の修士課程学生(赤山紗也果さん,久原憧子さん,孔 月波さん,陳 立九君)と共著となっており,同研究科の講義の一つである「学際基礎演習」で実施したテーマに基づくものです。天野君は,演習担当教員および修士課程学生と協力し,当該地域の地下水汚染リスクを評価し,考察を加えました。研究内容に加え,ポスターの分かりやすさや発表態度などが高く評価されました。

水産・環境科学総合研究科 博士後期課程 環境海洋資源学専攻3年(環境地下水学研究室)の天野弘基君

賞状

水産・環境科学総合研究科 博士後期課程 
環境海洋資源学専攻3年 天野弘基君
賞状
長崎大学について