ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 生命医科学域(薬学系)創薬薬理学分野 植田 弘師 教授が2019年度日本薬学会学会賞を受賞

ここから本文です。

生命医科学域(薬学系)創薬薬理学分野 植田 弘師 教授が2019年度日本薬学会学会賞を受賞

2019年04月05日

生命医科学域(薬学系) 創薬薬理学分野 植田 弘師 教授は、「慢性疼痛におけるフィードフォワード性の痛みメモリー機構とオピオイド機能低下」の研究により2019年度日本薬学会学会賞を受賞しました。

同賞は薬学の基礎及び応用に関し、日本薬学会を代表するに足る研究業績をあげ、世界の学術進歩に著しく貢献した研究者に贈られます。

我が国の薬学分野において最も権威ある賞であります。植田教授の長年にわたる痛みとオピオイドに関する優れた研究成果が認められました。

なお、授賞式は3月20日、日本薬学会第139年会(千葉市・幕張メッセ国際会議場)で行われました。

植田 弘師 教授 授賞式の様子
植田 弘師 教授 授賞式の様子
長崎大学について