ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 顎口腔再生外科学分野/硬組織疾患基盤研究センターの原昌士 大学院生が第97回 General Session & Exhibition of the IADR にてYoung Investigator Awardを受賞

ここから本文です。

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 顎口腔再生外科学分野/硬組織疾患基盤研究センターの原昌士 大学院生が第97回 General Session & Exhibition of the IADR にてYoung Investigator Awardを受賞

2019年07月25日

令和元年6月22日,長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 顎口腔再生外科学分野/硬組織疾患基盤研究センターの原昌士 大学院生は,演題「Effective Gene-activated Matrix with Self-assembly Nano-devices for Bone Engineering」により第97回 General Session & Exhibition of the IADR (Vancouver, Canada)にて,Young Investigator Awardを受賞しました。

同賞は,International Association for Dental Research(IADR)を構成する研究組織の一つであるMineralized Tissue Groupの中で審査され,学術的価値の高い優れた発表に対して授与されるものです。

なお,受賞式は同日,同会場(Vancouver Convention Center)にて行われました。

賞状を受け取る原さん Young Investigator Award賞状
長崎大学について