ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 工学研究科システム科学部門(機械工学コース)の佐々木壮一助教の研究プロジェクトがJSTの社会還元加速プログラムSCOREに採択されました

ここから本文です。

工学研究科システム科学部門(機械工学コース)の佐々木壮一助教の研究プロジェクトがJSTの社会還元加速プログラムSCOREに採択されました

2019年08月22日

大学院工学研究科システム科学部門(機械工学コース)の佐々木壮一助教の研究プロジェクト「革新的羽根車を搭載したマイクロ水力発電システムの事業化検証(農業支援サービスの事業創出)」が,国立研究開発法人科学技術振興(JST)の研究成果展開事業大学発新産業創出プログラムにおける社会還元加速プログラム(SCORE)に採択されました(https://www.jst.go.jp/start/project/score.html).この研究プロジェクトは本学研究開発推進機構の支援を受けての申請・採択となりました。

SCOREは、大学等の優れた技術シーズを基にした成長ポテンシャルの高い大学等発ベンチャーの創出を促進するためのプログラムです.研究チームは,事業化支援ノウハウを持つアクセラレーターによる研修やメンタリングを通じ, 起業に有益な知識を実践的に学習します.あわせて自らの技術シーズを用いて, 実用検証可能な最小限の試作品や実験データ等を準備し,実際に想定する顧客等の評価を受けることで,その結果や社会ニーズを今後の研究開発にフィードバックさせます。

採択された研究プロジェクトでは,広い運転範囲で高い出力を供給するマイクロ水力発電システムを提供し、小規模河川に関わるステークホルダーに向けた事業化モデルを提案します.農業支援サービスに焦点を絞った事業化モデルを提案し,アーリーアダプター発掘のマーケティングと実証試験に基づいた想定顧客の評価を受けます。

新型マイクロ水力発電システムによる農業支援サービス

新型マイクロ水力発電システムによる農業支援サービス

長崎大学について