ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > セメイ医科大学学長らが本学を訪問

ここから本文です。

セメイ医科大学学長らが本学を訪問

2019年11月29日

2019年11月20日(水)、セメイ医科大学(カザフスタン共和国)のDr. Yersin T. Zhunussov学長、Dr. Alma U. Nurtazina臨床イノベーション・センター長が河野茂学長を表敬訪問しました。

セメイ医科大学との間では、1998年に学術交流協定を締結し、放射線の健康影響に関する研究における協力や学生交流が行われています。今回訪問されたNurtazinaセンター長は、2014年に原爆後障害医療研究所で客員教授を務められ、また現在同大学の卒業生7名が本学医歯薬学総合研究科に在学しています。

Zhunussov学長からは、放射線医療科学分野での本学のこれまでの協力に謝意が表され、今後連携分野をさらに拡大していきたいとの期待が述べられ、原爆後障害医療研究所の中島正洋教授及び本学で学ぶ同大学出身の留学生や研修生同席のもと和やかに懇談されました。

長崎大学医学部では1998年から、セメイ医科大学の成績優秀者などを対象に「長崎国際医学生奨励賞」を授与しており、今回受賞学生2名への賞状と楯が河野学長からZhunussov学長に託されました。

セメイ医科大学Webサイト: https://semeymedicaluniversity.kz/

懇談の様子
懇談の様子
記念撮影
記念撮影
長崎大学について