ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 第4回「長崎大学未来に羽ばたく女性研究者賞」受賞者研究発表会および授与式を挙行

ここから本文です。

第4回「長崎大学未来に羽ばたく女性研究者賞」受賞者研究発表会および授与式を挙行

2020年01月10日

1月8日(水)、文教キャンパス事務局第一会議室において、第4回「長崎大学未来に羽ばたく女性研究者賞」受賞者研究発表会および授与式を挙行しました。

同賞は、優れた研究成果を挙げた長崎大学の若手女性研究者を顕彰することによって、研究意欲を高め、学術研究の将来を担う優秀な女性研究者の育成及び男女共同参画の促進を目的として、平成28年度に創設されたもので、今年が第4回となります。

表彰は、50歳以下(平成31年度4月1日時点で50歳未満)の助教以上の女性研究者で、かつ、男女共同参画を推進する活動に貢献している、もしくは推進の視点を持つ方が対象となり、優秀女性研究者賞は、国内外において学術上優れた研究成果を挙げたことが認められた方、優秀女性奨励賞は、国内外において学術上優れた研究成果を挙げることが期待されると認められた方に贈られます。

第4回「長崎大学未来に羽ばたく女性研究者賞」受賞者
【優秀女性研究者賞】  南保 明日香  (感染症共同研究拠点 教授)
【優秀女性奨励賞】  金 禧珍  (総合生産科学域水産学系 准教授)

当日は学長、理事、副学長、学部長等列席のもと、受賞者による研究発表会に続いて授与式を執り行い、学長から受賞者に、表彰状、研究費としての副賞の目録、記念の盾が贈られました。

「長崎大学未来に羽ばたく女性研究者賞」受賞者

写真左から、吉田センター長、河野茂学長、南保明日香教授【優秀女性研究者賞受賞】、
金 禧珍准教授【優秀女性奨励賞受賞】、福永博俊理事、中島ゆり副センター長

長崎大学について