ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 新型コロナウィルス感染症の臨床治療に関するガイドライン (台湾第6版および中国第2版)を掲載しました

ここから本文です。

新型コロナウィルス感染症の臨床治療に関するガイドライン (台湾第6版および中国第2版)を掲載しました

2020年05月25日

長崎大学(河野茂学長)の先端創薬イノベーションセンター(田中義正センター 長)と、神戸医療産業都市推進機構(FBRI本庶佑理事長)の医療イノベーション 推進センター(TRI福島雅典センター長)は、先に締結した包括連携協定に基づき、共同で「新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)感染症の臨床治療に関する暫定ガイドライン(第6版)」の日本語訳を行いました。このガイドラインは、台湾行政院衛生福利部疾病管制署が令和2年4月24日に発行したものです。また、「新型コロナウィルス関連肺炎の重症例および重篤例に関する診療ガイドライン(試行第2版)」の日本語訳を行いました。
このガイドラインは、中華人民共和国国家衛生健康委員会弁公庁が令和2年4月1日に発行したものです。長崎大学からは、先端創 薬イノベーションセンター・田中義正教授と、研究開発推進機構・王鴻香主任リ サーチ・アドミニストレーターが監訳者として、翻訳に参加しました。

ガイドラインは下記URLをご確認ください。
https://www.tri-kobe.org/pickup/detail/

長崎大学について