ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 環境科学部初のCOIL型国際協同教育の実施

ここから本文です。

環境科学部初のCOIL型国際協同教育の実施

2020年08月18日

8/17(10:00-11:00)、長崎大学環境科学部最初のCOIL型国際協同教育の試みとなる、国際交流インターンシップのウェビナー発表会を実施いたしました。
参加したのは、カリフォルニアU Cバークレイ校の大学院生2名、蘇州科学技術大学の学部生1名、長崎大学工学部大学院生2名、長崎大学環境科学部生3名、長崎大学環境科学部卒業生1名です。
テーマは現在人口減少で逼迫している宇久島のまちづくりで、宇久島の産業センターと結んだウェブ会議を行いました。宇久島の産業センターに集まった人、宇久島出身で現在島外に住む人などを合わせ、是90名ほどの参加となりました。
このプロジェクトは、長崎県の大きな環境問題を取り扱い、計画だけではなく、政策や経済、社会学の教授陣も交えて進めました。当日は、予想外にウエブでの参加者が多く、ビデオがうまく流れない問題が生じましたので、本来のビデオと共に発表内容をご紹介いたします。

発表会のリンク
https://youtu.be/YK11SgkGgfg

参考資料として流したビデオ
https://youtu.be/IGGrwVvVvDs
https://youtu.be/OUQLb1iVmXA


【お問合せ先】
長崎大学環境科学部 教授
五島 聖子
Mail:gotos*nagasaki-u.ac.jp(*を@に変換してください)

長崎大学について