ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 「旧長崎高等商業学校研究館(瓊林会館)」の記事が月刊誌「教育旅行」2020年9月号に掲載されました

ここから本文です。

「旧長崎高等商業学校研究館(瓊林会館)」の記事が月刊誌「教育旅行」2020年9月号に掲載されました

2020年09月09日

経済学部片淵キャンパスにある瓊林会館を含めた国の登録有形文化財に指定されている建造物についての記事が、(公財)日本修学旅行協会発行月刊誌「教育旅行」2020年9月号に掲載されました。

本誌は、中学・高校へ修学旅行等の行先の情報を提供する教育旅行専門誌であり、今回この9月号巻頭「日本の教育文化遺産を訪ねる」のコーナーに、「旧長崎高等商業学校研究館(瓊林会館)」についての記事を寄稿し、掲載されたものです。

内容は、『瓊林会館』の“100年の歴史”、“建造物としての特徴”そして“文化財的価値”についての説明とともに、その他の同キャンパスにある登録有形文化財『レンガ倉庫』、および敷地脇を流れる中島川に架かる石造りの『拱橋(こまねきばし)』の建造様式ついても説明しています。


 月刊誌「教育旅行」2020年9月号
               表紙

巻頭記事「日本の教育文化遺産を訪ねる」

巻頭記事「日本の教育文化遺産を訪ねる」(クリックして拡大:PDF) 
                                             ©2020年公益財団法人日本修学旅行協会

長崎大学について