ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 「みらい創造センター」事業の一環として「実践力ゼミ」最終報告会を行いました

ここから本文です。

「みらい創造センター」事業の一環として「実践力ゼミ」最終報告会を行いました

2021年02月15日

令和3年2月10日長崎大学経済学部にてビジネス実践力育成プログラム学生が参加する専門ゼミである「実践力ゼミ」の最終報告会が開催されました。本報告会は、経済学部において、地方創生・社会貢献・ビジネス実践力育成を推進するために平成27年設立した「みらい創造センター」の教員4名(丸山教授、西村教授、津留崎准教授、藤井助教)が、雲仙市と連携し、小浜温泉と雲仙温泉の振興策について取り組んだもので、11のプロジェクトの成果を発表しました。
プロジェクトに取り組む学生メンバーよりこの一年取り組んできた“雲仙温泉ガストロノミーの提案”や“湯大夫邸の年間来館者数を増やす活動”といった様々な取り組みが報告され、参加いただいた雲仙市の金澤市長や雲仙温泉観光協会宮崎会長、さらには様々な事業者様も交え、活発な議論が展開されました。なお、本報告会はコロナウィルス感染症拡大を鑑み、オンラインで開催されました。

オンライン報告会における発表の様子

 

オンライン報告会における発表の様子
長崎大学について