ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 「ナガサキ・核とパンデミック・シナリオプロセス」報告書を発表、ビデオを公開しました

ここから本文です。

「ナガサキ・核とパンデミック・シナリオプロセス」報告書を発表、ビデオを公開しました

2021年02月15日

核兵器廃絶研究センター(RECNA)は、被爆75年、そして核不拡散条約(NPT)発効50年の節目の年に、米NGOノーチラス研究所、韓国NGOアジア太平洋核軍縮・不拡散リーダーズネットワーク(APLN)との共催で、被爆75年記念事業「ナガサキ・核とパンデミック・シナリオプロセス」を開催しました。

この度、最終報告書「パンデミックの未来と核兵器リスク」を英語版・日本語版・韓国語版・中国語版(要旨のみ)を発表しましたので、是非ご覧ください。

また、この発行を記念し、ノーチラス研究所、APLNの協力を得て、主要な参加者とファシリテーターによるプロモーションビデオを公開いたしましたので、あわせてご覧ください。


※日本語字幕付き視聴できます。

<RECNA 被爆75周年ナガサキ・核とパンデミック・シナリオプロセス掲載サイト>
https://www.recna.nagasaki-u.ac.jp/recna/75th_scenario_project

<プロモーションビデオ>
https://www.youtube.com/watch?v=o1_t-nn6a70&feature=youtu.be

長崎大学について