ホーム > 長崎大学について > 理念と特色 > 特色ある研究 > 若手研究者の自立的研究環境整備促進事業

ここから本文です。

若手研究者の自立的研究環境整備促進事業

 「若手研究者の自立的研究環境整備促進事業」は,文部科学省科学技術振興調整費の事業で,若手研究者が自立して研究できる環境の整備を促進するため,世界的研究拠点を目指す研究機関において,テニュア・トラック制(若手研究者が,任期付きの雇用形態で自立した研究者としての経験を積み,厳格な審査を経て安定的な職を得る仕組みをいう。)に基づき,若手研究者に競争的環境の中で自立性と活躍の機会を与える仕組みの導入を図ることを目的としています。

平成19年度採択

長崎大学について