ホーム > 長崎大学について > 理念、ミッションの再定義及び特色 > ミッションの再定義

ここから本文です。

ミッションの再定義

 国立大学は,平成16年の国立大学法人化以降,特色ある教育研究の推進や国内外の大学等との連携の推進等に取り組んできましたが,グローバル化,高齢化,少子化等,社会経済の構造的な変化の中で,大学がその機能を再構築の上,更に強化し,社会変革のエンジンという能動的な役割を果たすことが求められています。
 そのような状況下において,国立大学が自主的・自立的に自らの機能の再構築により機能強化を図るため,各国立大学と文部科学省が意見交換を行い、研究水準、教育成果、産学連携等の客観的データに基づき、各大学の強み・特色・社会的役割(ミッション)を整理しました(ミッションの再定義)。
 今後、それぞれの大学の強みや特色を伸ばし、その社会的役割を一層果たしていくため、国立大学の機能強化を図っていきます。

 

(ミッションの再定義の結果)
医学分野
工学分野
教員養成分野
農学分野
社会科学分野
学際分野
保健系分野(歯学)
保健系分野(薬学)
保健系分野(看護学・医療技術学、学際・特定)

 

参考:国立大学改革について(文部科学省ホームページ)

長崎大学について