ホーム > 修学案内 > 教養教育(全学教育) > 教養教育(全学教育)の履修 > 平成27年度入学者対象 > 授業科目区分及び各科目の目標等

ここから本文です。

授業科目区分及び各科目の目標等

必須科目

教養ゼミナール科目

教養ゼミナール

教養ゼミナールでは,大学入学以前の受動的な学習からの転換を図り,大学における自主的な学習への 態度形成機能を果たすことを目標としています。そのため,知的活動に自主的に取り組む習慣を身につけ,科学的な思考方法と学習・実験のデザイン能力を習得し,レポートと口頭によるプレゼンテーションとディスカッションを行うことによって適切な自己表現能力を高めることが具体的な目標となっています。 また,大学での学習の入り口として,教員及び学生相互のコミュニケーションを図り,ものの見方,考え方の多様性を学習することもねらっています。

情報処理科目

情報基礎

新入生が情報処理資源・ネットワーク環境を活用して,主体的に情報を収集,分析,判断,創作及び発信できるようにします。また,このことによって,大学における情報処理資源を活用した教育のための共通基盤となる技術を習得することになります。

 

健康・スポーツ科学科目

疾病予防や健康づくりに関する科学的な知識や身体運動やスポーツの具体的な実践方法を習得し,生涯にわたって健康な生活が送れるように個々の生活習慣を改善し,実践していく能力を獲得することを目標にしています。

健康科学

生活習慣病,AIDS・性感染症,飲酒・喫煙,歯周疾患,心の健康,食事をテーマに疾病や健康に関する基礎知識を習得し,個々が抱える生活習慣の問題点や課題を振り返り,生活習慣を改善していく能力を獲得します。

スポーツ演習

身体運動の効果や実践方法またはスポーツの文化,ルール,技術を習得し,生涯にわたって身体運動やスポーツに親しむことのできる基礎知識や技能を獲得します。

 

外国語科目

国際化が進む中,世界の人々と積極的にコミュニケーションを図り,言語を取り巻く文化についての理解を深めるための外国語能力の向上を目指しています。そして,一部の学部では,3年次でも教養教育の英語科目として、Advanced English T,Uを用意しています。

英語コミュニケーション I〜III

基礎的英語運用能力を高めることを目標にしています。言語と文化に対する理解を深めるだけでなく,日常の事柄や国際社会での出来事に関して,スピーキング又はライティング活動によって意見を表現できるようにします。リスニングにおいては,e-learning教材等を用いリスニング力に関わる基礎的スキルを身につけることができるようにします。 なお,英語コミュニケーションT・Uは, 原則ネイティブスピーカーの教員が担当します。

総合英語 I〜III

リーディング,リスニング,スピーキング,ライティングの4技能をバランスよく高めます。リーディングにおいては,英語の記事や文章を速読,精読できるようにします。リスニングにおいては,e-learning教材等を用いリスニング力に関わる基礎的スキルを身につけることを目標とします。ライティングは,レベルに応じて,一文における英訳から基礎的パラグラフライティングまでを習得します。

Advanced EnglishT,U

教養教育の英語として,多文化社会学部,歯学部,薬学部,環境科学部では,3年次にAdvanced Englishを用意しています。Advanced Englishでは,1・2年次に受講した英語コミュニケーション,総合英語を基に,さらに4技能を向上させ,高度な英語力を身につけることを目標とします。

ドイツ語 I〜IV,フランス語 I〜IV,中国語 I〜IV,韓国語 I〜IV

積極的な学生参加型授業を行います。各言語の基本文法を理解し,基礎的な会話文でコミュニケーションができることを目標とします。さらに,各言語の特徴に即した発音及びリスニング力を身につけます。また,各国の文化・社会についての理解を深め,基礎的な文章読解やライティングの能力も高めます。

 

モジュール科目

モジュールとは,長崎大学が掲げる卒業時の人物像(共有学士像)形成の基盤を作り上げるために開設されたものであり,現代社会が直面しているテーマを多面的に学びながら,批判的精神や探求能力の育成が可能となるひとまとまりの科目群のことを言います。教養教育の核ともなるモジュール科目ですが,最も興味があるテーマを選んで履修することになります。

これらの授業では,皆さんが積極的に授業に参加できるような内容と方法で実施され,高等学校までの授業とは異なるアクティブ・ラーニングを経験することになります。ここでは,講義を受けるだけの一方向の授業から,皆さんが積極的に課題に取り組み,課題解決能力や協調性を獲得する「学生参加型の授業」が展開されます。

全学モジュール科目

全学モジュールはカテゴリー(多様性と共生,科学/技術の恩恵と限界,変容する環境とリテラシー)に分類されており,カテゴリー毎に複数の全学モジュールテーマが配置されています。皆さんは同じカテゴリーの中から,全学モジュールT,Uのテーマをそれぞれ1つ選択します。

全学モジュールI科目

1年次の前期にテーマを選択し,後期に履修することになります。基礎的な内容を学ぶと共に基本的な能力を身につける科目です。テーマ毎に3科目(6単位)が開設されます。クラスの規模は,最大100名で,学生参加型の授業が展開されます。

全学モジュールU科目

全学モジュールT科目のテーマと同一のカテゴリーの中からテーマを選択し,2年次に履修することになります。テーマ毎に3科目(6単位)が開設されます。クラス規模は,最大70名で,アクティブ・ラーニングがより充実した形で展開されます。

学部モジュール科目

各学部での学びの基礎,及び将来社会の市民として備えるべき資質の基盤を形成するとともに,高度専門職業人としての基本的な資質・能力を獲得するための科目です。 各学部の教員が担当し,それぞれの学部が定めた単位数を必ず修得しなければなりません。 この科目は,1年次前期から2年次後期(学部によっては,3年次まで)にかけて開講されます。

 

自由選択科目

将来社会の市民として必要となる資質の形成に向けた幅広い科目が開設されています。それぞれの科目のねらいを理解し,自分が履修したいと思う科目を選んで履修してください。また,各学部で定められた自由選択科目の単位数は必ず修得しなければなりません。

留学生用科目

外国人留学生等が学部レベルの科目履修に必要な日本語能力を高めるとともに,現代日本社会についての幅広い知識が得られるようにします。開設する授業科目は,下の表の左欄に挙げるとおりです。

授業科目

単位数

日本語上級T

日本語上級Ua

日本語上級Ub

日本事情

 

(受講方法)
開講する科目は,すべて選択科目ですが,全員にプレスメントテストを実施し,その結果に基づき受講の必要性及び受講科目等を指導します。
なお,留学生用科目の授業科目を履修し,単位を修得したときは,各学部において設定さている最低修得単位数のうち,外国語科目,全学モジュールU科目又は自由選択科目に代えることができます。ただし,日本事情については,外国語科目の単位に代えることができません。入学当初に届出た「母語」が,外国語科目として開講される外国語の中にあるときは当該外国語を履修することができません。

〇日本語上級T,上級Ua,上級Ub
既有の日本語能力を土台にして,学部での履修に必要な,より高度な日本語能力を身につけます。
〇日本事情
日本社会の様々な側面について学ぶことにより,現代日本事情についての理解を深めます。