ホーム > 学生生活 > 各種相談 > 学生相談(何でも相談)案内

ここから本文です。

学生相談(何でも相談)案内

 皆さんは,学生生活を送るうえで勉学や交友関係,異性問題,経済問題,就職・進路問題,人生観,家族関係,身体的不調など,様々な問題で困ったり,悩んだりしていませんか?
 悩んだり,困ったりして,その解決に苦慮しているのは,あなただけではありません。
 あなた自身が放っておくと,大学生活になじめなくなり,学修意欲を喪失し,留年や退学に至ることにも成りかねないので,一日も早く相談することが肝心です。

こんな時は,まず学生支援センター学生何でも相談室に相談してください。

インテーカー・相談員
電話 095-819-2106
e-mail: nandemo_at_ml.nagasaki-u.ac.jp
 ※_at_は@に置き換えて送信下さい。

 相談内容に応じて,カウンセラー・相談員または各種相談機関等を紹介できます。

 本学では,皆さんと教職員が人間的接触を指導・助言の基本に置き,入学時から卒業に至るまでの正課教育及び正課外の教育活動等における各種の相談・助言など学生生活のあらゆる相談(いわゆる「なんでも相談」)に対して,全学的な見地から,皆さんが気軽に相談ができ,指導・助言が受けられる「学生の相談・指導の実施体制」の構築に努めています。  現在,全学的な相談体制は,相談内容によって下記のとおり区分し,相談指導に応じるようにしています。あなたの相談内容は厳重に守られますので安心して相談してください。  なお,各学部等にも,それぞれに相談・助言体制がありますので,活用してください。

学生何でも相談員

                                                                                                                                                                                     
学生何でも相談員
所属 相談担当
教員・氏名
電話 相談担当
職員・氏名
電話
多文化社会学部 細田 819-2941 澤田 819-2030
教育学部 内野 819-2297 橋本 819-2266
経済学部 式見 820-6387 田中 820-6311
医学部 室田 819-7331 平宇 819-7010
歯学部 真鍋 819-7625 土屋 819-7613
薬学部 山吉 819-2438 819-2416
工学部 松永 819-2700 吉田 819-2490
環境科学部 長江 819-2755 小原 819-2715
水産学部 井上 819-2838 丸山 819-2796
多文化社会学研究科 細田 819-2941 澤田 819-2030
教育学研究科 内野 819-2297 多良 819-2266
経済学研究科 藤田 820-6361 潮田 820-6325
工学研究科 松永 819-2700 野田 819-2491
水産・環境科学総合研究科 高谷 819-2846 青木 819-2800
医歯薬学総合研究科 梅田   819-7695 村上 819-7009
熱帯医学・グローバルヘルス研究科 菊地 819-7895 米田 819-7583
医学部保健学科 東嶋 819-7939 道畑 819-7909
留学生教育・支援センター 永井 819-2239 井上 819-2209
大学教育イノベーションセンター 中川 819-2090
保健・医療推進
センター
林田 819-2212 富永 819-7902
小川 819-2210 矢内 819-2211
田中 819-2211
障がい学生支援室 Bernick 819-2948
教育支援課 池野 819-2076
学生支援課 819-2102
野上 819-2103
中尾 819-2106

修学・履修に関する相談

 皆さんが心配したり,悩んだりしている事項には,修学・履修の問題がたくさんあると思います。例えば,「どんな科目を履修したらよいか分からない。専門の勉強の仕方や方法が分からない。単位未修得で困っている。進学の問題。」などです。
 そんな時,あなたの相談にのってくれるのが身近なゼミの先生であり,学生委員であり,教務委員です。また,各学部の学務担当部署や教養教育事務室の職員に相談してください。適切なアドバイスが得られます。 

進路・就職に関する相談

 社会への第一歩は就職です。
 就職に関する悩みや不安については,所属学部の就職委員会委員又はキャリア支援センターに相談してください。きめ細かな助言が得られます。

課外活動に関する相談

 皆さんが課外活動に参加することは,人間形成の助長に大きな効果があります。
 大学は,正課外の教育活動を大いに奨励しています。多くの学生主催行事やサークル活動にどしどし参加し,多くの友人をつくり,団体生活や社会のルールを学んでください。きっと実社会で役に立つはずです。
 しかし,サークル団体の運営方針や先輩・友人等との人間関係など,トラブルなしに活動していくことは並大抵ではありません。
 そんな時,誰でも大いに悩み,苦しむものです。そんな悩みを解決に向けて助言や相談に応じてくれるのが「顧問教員」です。気軽に相談してください。また,サークル活動に関することなら何でも,学生支援センターの「課外活動担当職員」に相談してください。

ハラスメントに関する相談

 ハラスメントは今や全国的な社会問題です。
 あなたは大丈夫ですか?
 あなたが教職員や友人などから,性的等の言動により学生生活(修学,課外活動等)に支障をきたす恐れがあると感じる場合には,ハラスメント相談員,カウンセラーへ気軽に相談してください。学部の垣根を越えて皆さんの相談に応じてくれます。
 あなたの秘密は守られますので早めの相談が肝心です。

※相談日・時間
Tel…月〜金の10:00〜16:00
E-mail…随時

メンタルヘルスに関する相談(保健・医療推進センター)

 保健・医療推進センターでは,皆さんの身体面,精神面,心理的な問題の悩みに応えるためにカウンセラーを配置し,相談・助言に応じています。
 また,各学部でも学生相談員を配置して,問題解決のための個別相談を行っていますので,気軽にお訪ねください。
 詳しくは保健・医療推進センター(Tel 095-819-2213)へ  

学生生活

      長崎大学修学支援事業基金