ホーム > 学生生活 > 令和2年度 給付奨学生在籍報告(7月報告)の入力について

ここから本文です。

令和2年度 給付奨学生在籍報告(7月報告)の入力について

2020年07月06日

 令和2年度 給付奨学生在籍報告(7月報告)の入力について
                                               (今年4月以降に給付型奨学金へ申請された方は対象外です)

給付奨学生は奨学金受給にあたり、大学等に在籍していること及び通学形態(自宅通学・自宅外通学)等を、毎年4月、7月、10月にインターネットを通じて報告(入力)する必要があります。
『在籍報告(兼通学形態変更届)』の提出(入力)手続き』(PDF/3860.48KB)及び『スカラネットパーソナル(チラシ)』(PDF/521.19KB)をよく読んで、スカラネットパーソナルにログインして入力を行ってください。

【スカラネットパーソナル入力サイト】
https://scholar-ps.sas.jasso.go.jp/mypage/
入力期間:令和2年7月6日(月)〜令和2年7月27日(月)
(8:00〜25:00)※土曜・日曜も入力可能


※入力がない場合は、給付奨学生としての資格を失い、給付奨学金の支給は廃止されます。

<入力時に特に注意する点>

  • 「在籍報告」は、奨学金が振込中、休・停止中および保留中の方全てが提出(入力)する必要があります。
  • 「在籍報告」はスカラネットパーソナルを通じて行うため、スカラネットパーソナルへの登録を事前に済ませてください(給付奨学生のしおり参照)。
  • スカラネットパーソナルのユーザーIDとパスワードは、進学届や奨学金申込時にログインする際に使用したユーザーIDとパスワードではありません。未登録の場合は、事前登録をしてください。登録済みの場合は、自身で設定したユーザーIDとパスワードを使用してください。
  • スカラネットパーソナルのユーザーIDとパスワードを忘れてしまった場合は、スカラネットパーソナルのログインページの下部に忘れた場合の問い合わせボタンがありますので、使用してください。大学に問い合わせても、わかりかねます。
  • 在籍報告では現住所の確認を行います。現住所のみまたは電話番号のみの変更であっても、両方を入力する必要があります。
  • 通学形態が変更となった場合は、給付月額を変更する必要がありますので、学生支援センターで手続きをしてください。

学生生活

      長崎大学修学支援事業基金