HOME > NEWS > 詳細

News

ここから本文です。

  • 学生活動
  • 社会連携・貢献

本学学生で構成されたサイバーテクニカルボランティアチームの「サイバーマリンズ」が長崎県警察より感謝状を授与されました

 2月22日(木)、長崎県警察本部よりサイバー空間のパトロール活動を委嘱されていた長崎大学サイバーテクニカルボランティアチームの「サイバーマリンズ」について、サイバーパトロールなどを通しサイバー空間の違法情報、有害情報の排除活動に取り組み、サイバー空間の脅威に立ち向かう気運の醸成づくりに寄与したことに対し感謝状が授与されました。

 授与式では、特にサイバーパトロールの通報件数や積極性が評価された、河津 拓歩さん(大学院工学研究科 博士前期課程2年)とキム チェスンさん(情報データ科学部4年)が、参加学生を代表して、生活安全部サイバー犯罪対策課長から感謝状を受け取りました。

 授与式後には、実際のサイバーパトロールの経験や改善点、今後の大学との連携について意見交換の機会が設けられ、特に学生たちからは、より効果的な取り組み方法について積極的な意見が出されました。

 受賞した学生からは、「これまでフィッシングサイトを見かけることはあっても、通報する考えに至らなかったが、今回の活動を通じて、自発的に通報する意識が芽生えたと感じています。通報方法がうまく周知されれば、通報数も増加すると思います」とのコメントがありました。

【参考ホームページ記事】
本学学生が長崎県警サイバーテクニカルボランティアに委嘱されました
https://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/news/news3972.html

 感謝状授与の様子

サイバーパトロール参加学生との記念撮影


意見交換の様子