ご挨拶

ホーム > ご挨拶

海の環境を保全しながら、エネルギーや生物資源の活用をはかる

海洋未来イノベーション
機構長

中田 英昭

 海に囲まれた長崎にとって、海洋の潜在的な資源やエネルギーを活用していくための研究開発に取り組むことは、きわめて魅力的な課題です。2014年7月に長崎県五島列島周辺海域が、わが国の「海洋再生可能エネルギー実証フィールド」に選定され、その関連分野における研究開発と産業創出の機運が急速に高まっています。海洋エネルギーを利用した離島地域の産業振興は、まさに長崎らしい地方創生のモデルとなるものです。同時に、海の環境を保全し生物資源を持続的に利用することは、これからの人類存続の基盤となる課題です。
 「海洋未来イノベーション機構」は、2016年4月に、こうした課題に関する研究開発とそれに取り組む人材育成の拠点として、長崎大学に新たに設置されました。すでに2016年3月には、今後の産学官の連携を強化するため、長崎県、長崎海洋産業クラスター形成推進協議会、長崎総合科学大学と長崎大学の4者で、研究協力に関する協定を締結し、海洋産業創出を推進していく基盤も整ってきています。本機構が、総合的な研究のプラットホームとして、国内外の関連分野の研究機関、産業界、自治体等の連携や人材の育成に中心的な役割を果たしていければと願っています。
 本機構の特色は、海洋エネルギー開発のための技術革新に取り組む工学系の研究者と、水産・海洋科学や環境科学に実績を持つ研究者が協働して、海洋エネルギーの開発・利用と海洋環境や水産資源の保全に総合的に取り組んでいく体制を構築していることです。本機構が取り組む研究は、工学・水産学・環境科学が融合した研究展開の先駆的なモデルとなるものです。
 海洋エネルギーの開発を、海の環境保全や水産資源の増殖と一体のものとして進めていくことは、豊かな海の自然を大切にしながら資源やエネルギーを有効かつ持続的に利用するための重要な課題です。今後とも各方面からのご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。