お知らせ

ホーム > お知らせ

新型コロナウィルス感染拡大に伴う環東シナ海環境資源研究センターにおける共同利用実習・共同利用研究の一時受け入れ停止について


 連日報道されておりますとおり、新型コロナウィルス感染者が全国的に増加しております。環東シナ海環境資源研究センターでは、長崎大学の指針・要請に基づき、「新型コロナウィルス拡散防止に対する措置」を策定し、実施しております。
 当センターにおける共同利用実習および共同利用研究につきましても、ウィルス拡散の可能性と利用者の安全を考慮し、当分の間、施設利用と実習等の実施を見送ることと致しました。共同利用実習(公開臨海実習・長期滞在型実習など)の参加および実施を計画されている方は、環東シナ海環境資源研究センター共同利用担当係まで、ご連絡ください。また、共同利用研究を申請されている方、計画されている方は、受入研究者とご相談を頂けますようお願い致します。利用の再開につきましては、改めてご連絡いたしますとともに、当センターホームページ(http://www-mri.fish.nagasaki-u.ac.jp/index.html)にてお知らせする予定です。また、ご不明な点がありましたら、環東シナ海環境資源研究センター共同利用担当係までお問い合わせください。

 環東シナ海環境資源研究センター共同利用担当係
 電話:095-850-7328 Fax: 095-840-1881
 email: ecser_kyodo*ml.nagasaki-u.ac.jp (天谷・高野)(*をアットマークに変換して送信ください)

 今回の使用制限措置は、利用者の方、地域の方、受け入れスタッフの健康と安全を守るためのものです。不自由をおかけいたしますが、ご理解・ご協力いただけますようお願い申し上げます。


令和2年4月6日
長崎大学海洋未来イノベーション機構
環東シナ海環境資源研究センター
センター長 征矢野 清