構成メンバー

本プロジェクトのメンバーは、環境科学部の
文系(環境政策コース)理系(環境保全設計コース)
の教員により構成されています。

構成メンバー

名前 文理 役職 専門 HP
中川 啓 環境保全設計コース 教授 水文学・水工学
河本和明 環境保全設計コース 教授 気象学  
渡辺貴史 環境政策コース 教授 環境計画学  
仲山英樹 環境保全設計コース 准教授 環境工学
濱崎宏則 環境政策コース 准教授 環境政策学  
藤井秀道 環境政策コース 准教授 環境経済学  
利部 慎 環境保全設計コース 助教 水文科学

研究実施体制

1. データ収集・整理

水文・気象データの収集,降雨分布予測モデル,水文・地質データの整理(河本・中川)
地下水の年代測定,水質データの蓄積,汚染の現状整理(利部・中川)

2. モデル構築・シミュレーション

水質データ総括,概念モデル作成(中川・利部)  
数値計算モデル構築(中川)  
汚染の進展・回復シミュレーション(中川)

3. 技術開発

農業系排水からの有用資源回収とその評価方法の開発(仲山)

4. 意識調査

経済的手法の導入可能性の検討(濱崎・藤井・中川)  
住民・農畜産業者・地方自治体を対象としたアンケートの設計(濱崎・渡辺・中川)  
アンケート・ワークショップの実施(濱崎・渡辺・中川)

5. 計画評価

これまでの窒素負荷削減に係る計画の評価(渡辺・藤井・中川)   
窒素負荷ポテンシャルの変遷とその内容の解析(藤井・中川)