HOME > NEWS > 詳細

News

ここから本文です。

  • 学生活動
  • 受 賞

長崎大学生が日本一に。「第22回 全日本学校対抗ナインボール選手権」で優勝

3月27日(日)に開催された『第22回 全日本学校対抗ナインボール選手権大会』で工学部4年の彌吉やよし修明さんと吉田周平さんが見事優勝に輝きました。

また、全国大会の予選として10月に開催された九州大会では、昨年(コロナの影響で全国大会は中止)に引き続き2連覇を果たしました。

左:吉田 周平さん  右:彌吉 修明さん


ナインボールとは、ビリヤードゲームの一種で1~9番の球と手球(白い球)を使います。ブレイクショット後、テーブル上に残っている最小番号のボールに手球を当て、ボールをポケット(穴に落とす)していき、先に9番ボールをポケットした方が勝利となります。


工学部に所属するふたりは、入学式で出会い意気投合、ビリヤードだけでなく普段から食事やテスト勉強なども共にする仲です。


そんなふたりがビリヤードを始めるきっかけとなったのは、カラオケに行った際、同じ建物にあったビリヤードのお店の前を通り、興味を惹かれたことでした。


ビリヤードの魅力をふたりに尋ねたところ、「練習したことがそのまま結果へ直結し、達成感を得られること」、「運の要素がほとんどなく、自分が磨いた技術で勝負できること」とのことでした。
今後の活躍にも期待しています。