ホーム > 学生生活 > 経済支援 > 授業料免除,奨学金等 > 授業料免除

ここから本文です。

授業料免除

お知らせ

出願資格

  学生の皆さんが,次のいずれかに該当する場合は,申請に基づき,学生委員会で選考のうえ,前期(4〜9月)・後期(10〜3月)の2期に分けて授業料の全額又は半額の免除を受けることができます。

  ただし、懲戒処分を受けた場合、申請することができない期間があります。また、申請書類提出後に懲戒処分を受けた場合、当該申請は無効になります。

  1. 経済的理由によって納付が困難であり,かつ,学業優秀と認められる者
  2. 授業料の納付前6月以内(新入学生の場合は入学前1年以内)に,本人の学資を主として負担している者(保護者等)が死亡し,又は本人若しくは本人の学資を主として負担している者が風水害等の災害を受けたことにより,納付が著しく困難であると認められる者(ただし,これらの理由の発生が当該期の授業料の納付期限以前であり,かつ,授業料を納付していない場合は当該期の授業料を免除することがあります。)    

  ※日本学生支援機構の給付型奨学金を受給する学生が授業料免除申請をした場合は全額免除となります。
   
H30年度以降の学部入学者で住民税非課税世帯及び社会的養護が必要な学生についても、H30年度は
    給付型奨学金を受給する学生に準じた扱いとなります。(授業料のみ)

申請書類配付

 申請書類は学生支援センター窓口で配付します。

【スケジュール】
<在学生、本学学部から大学院への進学者、本学修士(博士前期)課程から博士(博士後期)課程への進学者> 
  前期:1月中旬〜2月初旬
  後期:7月初旬〜8月初旬

 ※進学者で、入学手続期間が、12月以前の場合、若しくは合格発表が配付期間後となる場合は窓口に申し出て
  ください。

<新入学生>
  前期分は合格時に配付する「入学手続案内」に記載しています。後期分は在学生の日程を確認してください。

 以上の詳細な日程については、免除申請冊子やホームページ、掲示にてお知らせします。

  ※日本学生支援機構の給付型奨学金を受給する学生は別途申請が必要ですので、学生支援センター口に
   お越し下さい。

申請書類受付

【スケジュール】

<在学生>
  前期:2月初旬〜2月下旬
  後期:8月中旬〜9月初旬

<本学学部から大学院への進学者、本学修士(博士前期)課程から博士(博士後期)課程への進学者>
  前期:3月初旬
  後期:8月中旬〜9月初旬

<新入学生>
  前期分は合格時に配付する「入学手続案内」に記載しています。後期分は在学生の日程を確認してください。

 以上の詳細な日程については、免除申請冊子やホームページ、掲示にてお知らせします。

その他

 授業料免除申請者は,申請結果の通知があるまで授業料を納付しないでください。
 (納付した授業料は返還できません。)
 なお、免除が許可された後に虚為の申請をしたことが判明した場合、または懲戒処分を受けた場合は免除の許可を取り消すことがあります。

問い合わせ先  学生支援課(経済支援) Tel:095-819-2105
学生生活

      長崎大学修学支援事業基金