ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > 学術情報一覧 > 熱帯医学研究所伊東啓講師らの論文が国際科学オンラインジャーナル『PLOS ONE』にオンライン公開されました。

ここから本文です。

熱帯医学研究所伊東啓講師らの論文が国際科学オンラインジャーナル『PLOS ONE』にオンライン公開されました。

2016年08月04日

   熱帯医学研究所 伊東啓講師(研究機関研究員)、静岡大学 吉村仁教授らの研究グループは、動的効用理論を用いたゲーム理論を構築することで、ゲーム理論で使用される利得表は「効用」を基準にする場合と「(単位付きの)量」を基準にする場合で資源の配分額が変わってしまうことを示しました。これにより、従来のゲーム理論は両者の所持資産が同額の時だけに適用できると主張しました。また、資産が上下するような繰り返しゲームを分析するためには、従来のゲーム理論だけでは不十分かもしれない点を指摘しました。
 成果は、国際科学オンラインジャーナル『PLOS ONE』(2016年8月3日)に発表しました。

Hiromu Ito, Yuki Katsumata, Eisuke Hasegawa, Jin Yoshimura.What is True Halving in the Payoff Matrix of Game Theory?PLoS ONE 11(8) August 3,2016.

Abstract
In game theory, there are two social interpretations of rewards
(payoffs) for decision-making strategies: (1) the interpretation based on the
utility criterion derived from expected utility theory and (2) the
interpretation based on the quantitative criterion (amount of gain) derived
from validity in the empirical context. A dynamic decision theory has recently
been developed in which dynamic utility is a conditional (state) variable that is
a function of the current wealth of a decision maker. We applied dynamic
utility to the equal division in dove-dove contests in the hawk-dove game. Our
results indicate that under the utility criterion, the half-share of utility
becomes proportional to a player’s current wealth. Our results are consistent with
studies of the sense of fairness in animals, which indicate that the
quantitative criterion has greater validity than the utility criterion. We also
find that traditional analyses of repeated games must be reevaluated.

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0159670
長崎大学について