ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > 学術情報一覧 > 2016年度

ここから本文です。

学術情報一覧

2016年度

24件中1-20件目を表示

2017年03月24日
教育学部の大庭准教授がタガメの卵保護行動で新知見:卵を守るオスは天敵のアリを物理的・化学的に排除する  NEW
2017年03月06日
教育学部の福山隆雄准教授らがプラズマ物理学に関する研究論文を米国のPhysics of Plasmas誌に掲載 NEW
2017年02月27日
熱帯医学研究所 伊東啓講師らの論文が国際科学オンラインジャーナル『Scientific Reports』にオンライン公開されました。 NEW
2017年02月24日
アフリカにおけるアルテミシニン耐性マラリアの出現 NEW
2017年01月26日
肺炎球菌ワクチンの予防効果が明らかに
2016年12月22日
水産・環境科学総合研究科の藤井秀道准教授ら研究グループによる論文「Drivers of U.S. toxicological footprints trajectory 1998-2013」」が、12月21日付のScientific Reports誌に掲載
2016年10月11日
自己集合性カプセルと発光性金属錯体の新規複合体を発見 〜高機能発光性材料への新たなアプローチ〜
2016年10月11日
ゲノムDNAとともに染色体を構成するヒストン蛋白のリン酸化が癌化を引き起こすことを発見
2016年09月30日
異常型プリオン蛋白が内臓などにも分布することを発見
2016年09月16日
母子共に気持ちいいと感じていることを脳活動計測から実証
2016年08月31日
日本における青年期以降のヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)新規感染者の実態が明らかに
2016年08月18日
「細胞はどのようにして動くのか?」 その分子メカニズムの一端が明らかに
2016年08月04日
熱帯医学研究所伊東啓講師らの論文が国際科学オンラインジャーナル『PLOS ONE』にオンライン公開されました。
2016年07月29日
原爆後障害医療研究所の高村昇教授らが執筆した、「福島とチェルノブイリにおける甲状腺がんの発症パターンの相違について」の短報が、『Lancet Diabetes and Endocrinology』に掲載
2016年07月12日
熱帯医学研究所カレトンリチャード准教授らは四日熱マラリア原虫および卵形マラリア原虫のゲノム情報を解読し、『International Journal for Parasitology電子版』(2016年7月5日)に発表しました。
2016年06月30日
原爆後障害医療研究所 折田助教のグループの論文がScientific Reports誌に掲載されました。
2016年06月17日
スーパーコンピューター「DEGIMA」を用いたプリオン病の治療薬開発に光明
2016年06月06日
プリオンによる手術器具の汚染を迅速評価 手術時のヒトプリオン病感染を防止
2016年06月02日
カニの音を使った求愛コミュニケーション: ハクセンシオマネキのメスはオスの発する音を聴いて配偶相手候補を選ぶ
2016年05月26日
北教授らの研究により、マラリア制圧に大きな前進
長崎大学について