ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > 学術情報一覧 > 教育学部の隅田祥光准教授とロシア国立科学アカデミー,ミズーリ大学などとの国際共同研究が共著論文としてJournal of Archaeological Science: Reportsに,明治大学などとの国内共同研究が共著論文としてQuaternary Internationalに掲載されました

ここから本文です。

教育学部の隅田祥光准教授とロシア国立科学アカデミー,ミズーリ大学などとの国際共同研究が共著論文としてJournal of Archaeological Science: Reportsに,明治大学などとの国内共同研究が共著論文としてQuaternary Internationalに掲載されました

2017年12月07日

いずれの論文も考古学と地球科学が融合した学際領域に関わる研究の成果です。Journal of Archaeological Science: Reportsに掲載の論文は黒曜石の元素分析法と黒曜石製石器の産地分析に関わる国際標準化に向けた取り組みの研究成果であり,平成28年度に採択された日本学術振興会外国人招へい研究者(短期・第2回)(Dr. Andrei Grevennikov,2016/10/25〜2016/12/23長崎大学教育学部に滞在)事業に深く関わるものです。Quaternary Internationalに掲載の論文は,明治大学とともに長年調査を行ってきた広原遺跡群(長野県長和町)から出土の黒曜石製石器の原産地を蛍光X線分析法で特定した研究成果です。これらは2018年に出版される予定ですが,現在Elsevierのウェッブサイトにてオンライン出版中です。

論文タイトル名
[1] Inter-laboratory validation of the WDXRF, EDXRF, ICP–MS, NAA and PGAA analytical techniques and geochemical characterisation of obsidian sources in northeast Hokkaido Island, Japan
[2] Chemical discrimination of obsidian sources in the Kirigamine area and provenance analysis of obsidian artifacts from the Hiroppara prehistoric sites I and II, central Japan

共著者名
[1] Suda, Y., Andrei, V.G., Kuzmin, Y.V., Glascock, M.D., Wada, K., Ferguson, J.R., Kim, J., Popov, V.K., Rasskazov, S.V., Yasnygina, T.A., Saito, N., Takehara, H., Carter, T., Kasztovszky, Z., Biró, K.T., and Ono, A.
[2] Suda, Y., Tsuchiya, M., Hashizume, J. and Oyokawa, M.

論文(全文)のアクセス先
[1] Journal of Archaeological Science: Reports. 17, 379–392, 2018.
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352409X17304820
[2] Quaternary International (Accepted 10 November 2017)
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1040618217306584

長崎大学について