ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > 学術情報一覧 > 海洋未来イノベーション機構の研究チームと本学学術交流協定校のスターリング大学John Bostock氏の研究グループが執筆した「Research and development strategy of fisheries technology innovation for sustainable fishery resource management in North East Asia」と題する論文が、SCI国際学術ジャーナルに掲載

ここから本文です。

海洋未来イノベーション機構の研究チームと本学学術交流協定校のスターリング大学John Bostock氏の研究グループが執筆した「Research and development strategy of fisheries technology innovation for sustainable fishery resource management in North East Asia」と題する論文が、SCI国際学術ジャーナルに掲載

2018年01月17日

   海洋未来イノベーション機構とスターリング大学の研究グループは、水産技術を捕獲、養殖、製品加工の3つの分類に分け、世界全体の特許取得データを活用することで、各技術の相対的な研究開発優先度の変化について国別の比較分析を行いました。特筆すべき研究成果として、世界全体や中国・韓国などの主要水産国では、養殖技術の研究開発優先度が高まる傾向にある一方で、日本のみが養殖技術の相対的な研究開発優先度が低下傾向にあることが明らかとなりました。
   本研究成果は、世界的に水産資源管理が進む中で、安定的に水産資源を供給するための養殖技術の開発が日本において積極的に実施されているとは言えないことを定量的に示すものとなります。本研究の分析結果を踏まえ、我々の研究チームではスターリング大学と共同で、日本の養殖技術開発を促進させるための主要因の特定を進めるとともに、洋上風力発電や潮力発電などのエネルギー源を水産養殖施設へ活用する可能性の検証を行い、養殖技術と海洋エネルギーのコラボレーションを進めるための研究を進めています。

 

Fujii, H., Sakakura, Y., Hagiwara, A., Bostock, J., Soyano, K., Matsushita, Y. (2017)
Research and development strategy of fisheries technology innovation for sustainable fishery resource management in North East Asia.
Sustainability 2018, 10(1), 59; doi:10.3390/su10010059

http://www.mdpi.com/2071-1050/10/1/59

Abstract
The development of fisheries technology supports food sustainability to achieve a steady supply of fish and fishery products. However, the priorities for research and development (R&D) in fisheries technologies vary by region due to differences in fish resource availability, environmental concerns, and consumer preferences for fishery products. This study examines trends in fisheries technology innovations using data on patents granted as an indicator of changing R&D priorities. To clarify changes in R&D priorities, we apply a decomposition analysis framework that classifies fisheries technology into three types: harvesting, aquaculture, and new products. This study mainly focuses on the China, Japan, and Korea as the major fishing countries in northeast Asia region. The results show that the number of fisheries technology patents granted increased between 1993 and 2015; in particular, the number of aquaculture patents granted has grown rapidly since 2012. However, the trend in Japan was opposite, as the apparent priority given to aquaculture technology innovation decreased between 1993 and 2015. The trends and priority changes for fisheries technology inventions vary by country and technology group. This implies that an international policy framework for fishery technology development should recognize that R&D priorities need to reflect diverse characteristics across countries and the technologies employed.
長崎大学について