ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > 学術情報一覧 > 吉田文彦RECNA副センター長による中満泉・国連軍縮担当上級代表のインタビューが掲載

ここから本文です。

吉田文彦RECNA副センター長による中満泉・国連軍縮担当上級代表のインタビューが掲載

2018年02月22日

本学の編集・発刊するJournal for Peace and Nuclear Disarmament (J-PAND)に、核兵器廃絶研究センター(RECNA)の吉田文彦副センター長によるインタビュー記事が掲載されました。

J-PAND編集長でもある吉田教授が、昨年8月に来崎された中満泉・国連軍縮担当上級代表(国連事務次長)に対してインタビューを行い、このたび同誌に掲載の運びとなったものです。

中満氏はインタビューの中で、核兵器禁止条約制定の経緯について振り返るとともに、国連機構における軍縮問題の位置づけについて語っています。

記事・著者名:Yoshida, Fumihiko. 2018. “UN on Nuclear Disarmament and the Ban Treaty: An Interview with Izumi Nakamitsu.” Journal for Peace and Nuclear Disarmament.
https://doi.org/10.1080/25751654.2018.1436385

長崎大学について