ホーム > 長崎大学について > 学長メッセージ > 河野学長 > 海洋開発人材育成・フィールドセンター(仮称)整備事業の採択に寄せて

ここから本文です。

海洋開発人材育成・フィールドセンター(仮称)整備事業の採択に寄せて

2019年03月20日

長崎県の産学官が共同で取り組む「海洋開発人材育成・フィールドセンター(仮称)整備事業」が日本財団助成事業に採択されました。

長崎大学は、2016年3月に長崎県、長崎海洋産業クラスター形成推進協議会、長崎総合科学大学と4者による連携協定を締結し、同年4月には、長崎大学海洋未来イノベーション機構を設置し、これまで、@海洋エネルギーの開発と利用、⓶次世代型の水産技術革新、B海洋環境の保全と管理、C海洋分野の人材育成に力を入れて取り組んでまいりました。

また、日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアムの取組にも、立ち上げ期からの加盟大学として、各種の事業推進にこれまでも積極的に貢献してまいりました。

今回の採択は、海洋県である長崎において、地域の期待に応え、いち早く産学官連携体制を整え、プロジェクトの創出に努力してきたこれまでの長崎大学の取組が一定評価されたものと理解しており、昨年5月に閣議決定された第3期海洋基本計画に掲げられた海洋開発人材育成の推進のための全国の拠点として、長崎大学を拠点とした、日本財団のプロジェクト実施が決まったことは、大変喜ばしいことです。

今後も海洋分野の人材育成に力を入れて取り組んでまいります。

長崎大学について